>ホットトピックス>女性は必見!骨粗鬆症の予防法を確認していこう

女性は骨粗鬆症になりやすい

丈夫だと言われる骨がスカスカになってしまう病気を「骨粗鬆症」と呼んでいます。もし、骨粗鬆症を発症してしまうと、少し転んだなどの衝撃でも骨折しやすくなるので、注意が必要でしょう。骨粗鬆症は男性よりも女性の方が圧倒的に患者が多い病気となっています。女性だと年齢を重ねるごとに減少してしまう女性ホルモンの影響が関係します。女性の場合は、糖尿病の他にも骨粗鬆症などのリスクもあることを、把握しておくことも重要です。

骨粗鬆症になってしまう3つの原因

女医

加齢

女性だと50歳を過ぎてしまうと、骨密度が低下してしまうと言われています。そのため、骨粗鬆症の患者は女性の高齢者が多いでしょう。なお、骨密度は基本的に20歳がピーク時となっていますが、最近では無理なダイエットや運動不足のせいで若い女性も骨粗鬆症になる恐れがあります。

エストロゲンの減少

骨吸収を抑える効果を持っているエストロゲンの減少も、骨粗鬆症の原因です。エストロゲンは女性ホルモンの1つなので、閉経をしてしまうと分泌が減少して骨がもろくなってしまうのです。その背景もあって、骨がスカスカになり骨粗鬆症を引き起こしてしまうでしょう。

生活習慣

加齢やエストロゲンの減少以外でも、乱れた生活習慣を過ごしていることも骨粗鬆症の原因になります。特にアルコールの摂取や喫煙、カフェインの摂り過ぎなどの生活を長期的にしていると、それだけでも骨粗鬆症の発症リスクは高くなると言えます。

女性は必見!骨粗鬆症の予防法を確認していこう

HOSPITAL

早めの対策が大事です

骨粗鬆症を予防していくのは、難しいことではありません。実は規則正しい生活や食事内容を意識するだけでも、骨粗鬆症の予防になるのです。丈夫な骨を維持していくためにも、日光浴を浴びながら適度に運動をすると良いでしょう。また、骨に良いとされるカルシウムやコラーゲンも食事に取り入れていきたいです。栄養素はサプリで補うことも出来るので、活用していくといいですよ。日常生活だけではなく、骨粗鬆症の検査も定期的に実施するようにしましょう。骨粗鬆症の他にも、遺伝などが原因で発症する関節リウマチなども女性は気を付けていきたいので、早め早めの対策を意識することです。

広告募集中